ローリングガールズ第12話(最終回)感想

スポンサーリンク

ローリングガールズ第12話(最終回)「未来は僕等の手の中」感想

なんだ、あの石モサと関係なかったのかぁ。という事は東京の団長は自分の力で雷を発生させてたんですね。恐ろしい人です。

ローリングガールズは所沢編が一番面白かった。ハチャメチャでわけのわからない感じで。まーちゃんや執行さんだけじゃなく、モブの皆さんの存在感も強かったし。あの勢いが好きだった。
でもだんだんイイ話みたいなのが多くなったのが残念です。会話自体は面白かったんだけど、ストーリーが微妙だったかな。それからノゾミがいい子ちゃん過ぎた。もっといろんな県を回って、周りにはどうでも言い争いに巻き込まれてほしかった!というか、まーちゃんと執行さんをもっと観たかった!

まぁなんだかんだでそこそこ楽しめました。ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ローリング☆ガールズ #12 最終回

    『未来は僕等の手の中』

  2. ローリング☆ガールズ BS11(3/29)#12終

    最終回 第12話 未来は僕等の手の中 任侠ロボに登場する温羅、しかし代紋を求められて動かない。再び、輝夜と肉弾戦を繰り広げる。輝夜を助けようと真茶未が執行に話しかける。石は…