ローリングガールズ第4話感想 籾山さんカッコイイ

スポンサーリンク

ローリングガールズ第4話「夢」感想

なぜか東京の団長とのり子のシーンで目頭が熱くなった。悔しいです。団長が石を売ろうとしたことは許してもいいかなと思ってしまいました。いい子だった!ドジだけど。せっかく石返してもらったのに何落としてるんですか。

爆破事件を巻き起こした人たちもなんだか気の毒です。あの人たちは元々東京の人なのかな。オールウェイズコミマなんてまったく興味ないもの毎日開催されたらただただ迷惑。”親が泣いてるぞ”なんて可愛い抵抗じゃないですか。効果も抜群でしょうね。
それにしてもルンバに爆弾なんて余計なサービスです。爆発力もかなりのものだったし。恐ろしい。のり子の母がいなかったらどうなっていたことか。統率力もあるし、のり子よりもこの人が新団長になったほうがいいんじゃないかな。

どうやらモサは石の力で強くなってるらしい。石がなかったらモブと同じなんですかね。前観た執行さんの修行のシーンは凄まじい感じだったけど。あれは石を持った状態だったのかな。

エンディングでは本編よりも話が進んでるみたい。次回のローリングガールズは名古屋編。大統領は石を集めて何をしようとしてるんだろう。悪い人ではなさそうだけど。籾山さんも話のわかるいい男だったなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク