さばげぶっ! 第12話(最終回) 感想

スポンサーリンク

さばげぶっ! 第12話(最終回)「さらば友よ!サバゲ部最後の日!」「サバゲ部より愛を込めて」感想

なんだかよくわからないけど感動したさばげぶっ!最終回。今までのキャラが次々登場です。

最終回のモモカはゲスな行動は全然しなかった!ちょっと考えてみたいたけど、実行はしない。珍しい事もあるのもです。いつもなら教会から一人で出ていくなんて絶対にしないはずなのに!うららの誕生日も純粋に祝おうとするなんて!どうしちゃたんだモモカ。

教会で皆がモモカが好きみたいなこと言ってる中で、カヨだけはシチュエーションに酔ってるのが地味に面白かった。照れただけかもしれないけど。モモカのケーキのイラスト見た時も嫌な顔したり、モモカをプレゼントにすることを提案したり、カヨってモモカのことあんまり好きじゃなかったのかな?

最後もモモカが酷い目にあう終わり方でよかった。今までのゲスな行為の報いですね。

さばげぶっ!は今季一番笑える作品でした。序盤はモモカとうららネタばっかりだったからネタが尽きるんじゃないかと心配しましたが、全然問題ありませんでした!ナレーションも最後まで面白かった!今更だけど「妄想」って便利ですね。「妄想」と言い張れば何でもできる!
3か月間楽しく観ることができました。ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク