星刻の竜騎士 第11話 感想

スポンサーリンク

星刻の竜騎士 第11話「ユグドラシル起動」感想

星刻の竜騎士第11話は、アッシュとシルヴィアがイチャイチャしたり、エーコが敵に捕まったりするエピソード。
プリムさんがやらかしました。悪気はなかっただろうけど、エーコの心をえぐってきます。人間と龍族の壁に改めて気づいたエーコ。さらに、プリムさんを庇ったせいでエーコはアーニャに捕まりました。最終回直前の問題をプリムさんが引き起こすとは…。さすがのプリムさんもへこんでました。

エーコが悩んでいる頃、アッシュとシルヴィアはイチャイチャしてます。シルヴィア積極的です。可愛い。さっきまでお兄さんのことで悩んでたくせに、アッシュを誘惑。キスを迫りますが、コゼットさんの乱入により阻止。ナイスタイミング!コゼットさんはお見通しのようです。
仮面舞踏会でもイチャイチャです。シルヴィアの服はちょっと残念でした。クラウスのダンスの誘いを遠まわしに断るのは面白かった。

捕まったエーコはユグドラシルで覚醒させられます。ユグドラシルは、何故か触手が現れる不思議な装置です。星刻の竜騎士って触手が好きなアニメですね。そこまで触手に需要があるのかな?覚醒したエーコはよくわからない姿に。なんか神々しいです。
ミルガウスたちはエーコを覚醒させて何がしたいんだろう。コントロール不能っぽいですが。

次回はタイトルが「星刻の竜騎士」なので、たぶん最終回。学校の皆も参戦してました。何でいるんだろう?アーニャはアッシュとミルガウス、どっちの味方になるんだろう。
アッシュとシルヴィアの子どもの頃の関係とか、ミルガウスの正体とかわからないことがあるけど、とりあえず今回のアッシュとエーコの問題だけは解決してくれるのでしょう。アッシュがかっこよくエーコを救出してくれるはず!
最終回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク