星刻の竜騎士 第9話 感想

スポンサーリンク

星刻の竜騎士 第9話「騎竜演舞」感想

アッシュが寝てる間に合宿最終日。
いなくなったガウェインを探すためウィリンガム霊廟に行くアッシュたち。
他の生徒たちは打ち上げ。
合宿で何をやったのかはサッパリわかりません。

ウィリンガム霊廟に到着したアッシュたちですが、敵がウジャウジャ出てきます。
真っ先に標的にされるシルヴィア。
この人はサービスシーン担当のようです。
ランスロットも助けるのが少し遅いです。

打ち上げメンバーもネクロマンシアに襲われます。
女子生徒ばっかり狙われてるように見えますが、男子も頑張ってるはず。

今までのアークはダサカッコイイ感じもあったのですが、今回のアッシュのアークは微妙です。
守りに特化したものらしいですが、一撃で破壊されます。
石化効果があるファンネルみたいなやつは強かった!
これってアーク着ないと武器使えないのかな?
武器だけ出してくれれば便利なのに。
シルヴィアもいつのまにか敵を倒してました。
もっとシルヴィアの活躍が観たかった。

命がけで戦ったアッシュやシルヴィアを見て、ルッカは目が覚めたようです。
アッシュを連れて崖から飛び降ります。
結局ウィリンガム霊廟にはガウェインいなかった。
打ち上げメンバーが苦戦してたネクロマンシアを、ルッカとガウェインの「騎竜演舞」で殲滅。
ネクロマンシアだけに効く攻撃みたいです。
まさかこんなにあっさり倒してしまうとは。
一回空中で落下しないといけないなんて、怖い技です。
ガウェインの責任重大です。
今回もルッカが可愛かった!

次回は大陸会議にアッシュとエーコも行くそうです。
終盤になってきた感じです。
10話が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク