それでも世界は美しい 第7話感想

スポンサーリンク

それでも世界は美しい 第7話 「Wild waltz」感想

それでも世界は美しい 第7話はオープニングにルナが加わりましたね。
でも最後がキスじゃなくなってました。
なんでだろう?

仕事をさぼって祭りに出かけるニケとリヴィウス。
ニケはリビって普通に呼ぶようになってましたね。
女装したリビはなかなか可愛かった。
1話で登場した2人組まで登場しました。
イケメンにストーカーされながら祭りを楽しむニケとリビ。
城に戻ってきた2人の執務室前での会話が面白かった。
執務室の中にいたのはさっきのイケメン。
ハープをオシャレに演奏しています。
このイケメンはリビの叔父さんのバルド。

ニケに言い寄るバルドに嫉妬するリビ。
ニールまで怒ってました。
ニールがなんか怖いです。
バルドはニールには一目置いてるのかな?

城の女性たちにモテモテのバルド。
弓の腕まですごいです。
リビは弓が引けないようです。
剣では強かったけど、力はやっぱり子どもなんだな。
それともリビに負けた男が弱かったのかな?

晩餐会に招待されたニケとリビ。
晩餐会なんて行ってみたいものです。
リビが席をはずした隙に、バルドがニケを連れ去ってしまいます。
部屋でけしからん事を使用とするバルドですが、ニケにあしらわれます。
さすがニケ姫。
バルドはニケのことを試したようです。
でも駆けつけたリビは大激怒。
同じベッドに2人がいたら怒るのはわかりますが…
今回は本気で怒ってます。
ニケの国を火の海にするとまで言い出します。
怖い!
リビはここまで嫉妬深かったのか。
でも、ニケの国って強そうです。
天候操れるから、船を沈められたりして近寄ることすら難しそう。

バルドはもう少し考えて行動すればよかったのに。
誤解されるのわかっただろうに。
まさかここまで修羅場になってしまうとは。
来週はどうなるんだろう?
楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク