残響のテロル第1話 感想

スポンサーリンク

残響のテロル 第1話「FALLING」感想

残響のテロルが始まりました。すごく面白かったんだけど、これいいのかな?主人公2人がテロリストっぽいダークな内容です。しかも核燃料再処理施設から何か盗んでたし、かなり危険な2人です。「テロル」って「テロる」って意味でしょうか?

主人公はナインとツエルブ。施設にいた頃の番号かな。
ナインは氷ような瞳を持つイケメン。メガネ。かなり頭良さそうです。さっそく女子からモテてます。携帯はマナーモードにしないタイプ。
ツエルブは太陽のような笑顔のイケメン。明るい性格ですが、ちょっと変です。運転技術が高いです。非常階段の場面では悪い顔でした。怖いです。おつカレーマルシェ。
ヒロインは三島リサ。可愛いのかどうかよくわかりません。死ぬか共犯者になるかって2択は酷いです。大変なことに巻き込まれた可哀そうな子です。でも2人と一緒にいればイジメられなくなりそう。
3人が通う学校は歩道橋からプールが見えるようになってます。危険です。

リサを4回から飛び降りさせたのは、1階まで降りたら間に合わないって判断したからでしょうか。プールに飛び込むより、はるかに怖いです。

ナインとツエルブ2人がなんで都庁を爆破したのか気になります。大きな理由がありそうです。続きがすごくに気になります!面白かった。「残響のテロル」第2話も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク