残響のテロル 第11話(最終回) 感想

スポンサーリンク

残響のテロル 第11話(最終回)「VON」感想

原子爆弾の起爆装置が動き出した残響のテロル最終回。スピンクスは目的のために命がけで戦いました。

「確か高高度核爆発ってのは聞いたことあるけど」

柴崎さんの娘さん頼りになります。電磁パルスか。スピンクスの今までの殺さずの行動を考えるとそうなるのか。さすが柴崎さん。簡単に手が出せないように気球を使ったんだろうくらいにしか思ってませんでした。
それでも本当に爆発させるとは…。日本中の電子機器の大半を破壊するなんてとんでもないことです。主要機関は対策されてるのかもしれないけど、病院とかどうなるんだろう。

「この状況を作り出すこと、それがお前たちの目的だった」

さすがに原子爆弾まで使ったら世界が注目しますね。記者会見だけじゃやっぱり握り潰されてたのでしょうか。過去の非人道的なことを暴くためにここまでやる必要があったのか分かりません。
米国は最後に余計なことしてくれましたね。ハイブが滅茶苦茶なことやったのが悪いんだけど。ツエルブが犠牲になったのが悲しい。
ラストはしんみりだったけど、テロリストが主人公だからやっぱりこうなるのかぁ。

最後にわずかだったけど、ナイン、ツエルブ、リサの三人で穏やかな時間を楽しめてよかった。
『VON』はアイスランドの言葉で『希望』だそうです。ナインたちが命がけでやった行為が、未来の希望になるといいですね。

残響のテロル

残響のテロルは第1話だけなら今季一番面白かった。これから何が起こるんだろうとワクワクしました。終盤もなかなか面白かったけど、中盤が微妙でした。
都庁や警察署を爆破したのってスピンクスは本気だってことをアピールして、アテネ計画の関係者が何か行動を起こすようにもしたかったのかな?柴崎さんみたいな人を探すだけだったらやりすぎ。
結局アテネ計画の関係者は動きませんでしたね。でも、もしかしたらハイブがそうだったのかな?ハイブだけは施設に残ったから何か繋がりがあったのかも。もう少しハイブを掘り下げてほしかった。
最後によくまとめてくれたと思います。割とスッキリしました。なんだか夏が終わったような寂しさです。3か月間ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 爆破テロの意味

    アニメ「残響のテロル」を見ました。

    フジにて 木曜深夜にやってました

    おなじみのノイタミナ枠です

    なんといっても本作は完全オリジナルストーリーというのが良いですね
    やはり な…