残響のテロル 第5話 感想

スポンサーリンク

残響のテロル 第5話「HIDE&SEEK」感想

残響のテロル第5話では、ハイブが登場。なにやらすごい人っぽいです。ナインたちを捕まえられるなら、犠牲者が出ても構わない感じ。捕まえる気があるのかまだわからないけど。というか、ナインたちが犯人ってバレてるんですね。ハイブの想定外の登場で焦るナインが観られてよかった。毎回楽勝じゃつまらない。
ナインたちはなんであの威力の爆弾をセットしたんですかね。犠牲者出すつもりないなら、もっと弱いやつにすればいいのに。芝さんに目的を教えれば危険を冒してまで爆弾使う必要もなさそうだけど。

ナインたちの目的も少し明らかになりました。新進平和塾という財団法人がターゲットらしい。新進平和塾がナインたちがいた施設を管理してたのでしょうか。目的はまだ謎です。

今回は三島リサも居候を始めました。この子こんなに可愛かったのか!ちょっとキャラが変わった気がします。リサはこれからナインたちとどうかかわっていくんだろう。今のところ邪魔者扱いです。あと料理が見るからにまずそうだった。弁当は自分で作ってたんじゃないのか。

ようやく話が進みだした残響のテロル。面白くなりそうです。しばらくはハイブとの頭脳戦が続くのでしょうか。柴崎さんはハイブのやり方嫌いだろうし、勝手に行動しそう。ナインたちと手を組むとかあるかも。残響のテロルはもう中盤だし、そろそろ目的を教えてほしいものです。次回が楽しみです!

電車を待つツエルブが可愛かった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク