東京喰種トーキョーグール 第10話 感想

スポンサーリンク

東京喰種トーキョーグール 第10話「青桐」感想

「あんていく」が「アオギリの樹」の襲撃を受ける東京喰種トーキョーグール第10話。一段と盛り上がりそうな予感です。

「無二の友人であるカネキ君がわけのわからない連中の手によって危険な目にあってるなんて…」

一番わけのわからない月山さんが帰ってきました!シリアスな雰囲気を一気に吹き飛ばすこのパワー。味方だと何故か心強いです。

「おいコラジジイ、テキトーなこと言ってんじゃねーぞ」

カネキのためにニシキ先輩がエキサイト。なんだかんだでカネキに恩を感じてるんですね。でもニシキさんが11区に行っても足手まといになる気が…。トーカさんでさえ力不足っぽいのに。ヒナミちゃんが一番頼りになりそうです!

「すげぇええっ!全然壊れねぇ!」

ヤモリさんやりすぎです。ほんとに痛々しい。
それにしてもカネキはめちゃくちゃ頑丈ですね。アモンさんの攻撃にも耐えてたし、なんでこんな耐久力があるんだろう。これもリゼさんの力なのかな?

鈴屋什造

この人はグールじゃなかったのか!それに男だったのか!人は見かけによらないものですね。カネキに惚れちゃうパターンかと思ったけど違いました。

「あんていく」「CCG」「アオギリの樹」と三つの勢力の戦いとなった東京喰種トーキョーグール。あと2,3話でちゃんと終わるのかな?アヤトはあんまり悪い奴じゃなさそうだし、ヤモリを倒して終わりでしょうか。第11話も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク