失われた未来を求めて 第10話 感想 ゆいにこれ以上どうしろと…

ユイの視点で話が進む『失われた未来を求めて』第10話。オープニングとエンディングが微妙に変わりました。

スポンサーリンク

失われた未来を求めて 第10話「残された時間」感想

自分の正体をバラせないとか、幽霊とか、内浜症候群とか色々厄介な設定があったとは…。佳織は不自然なくらい不幸なことが起こるし。どうしようもないです。因果の鎖といものは強力です。ユイの行動も裏目に出ちゃってるし。この二人が結ばれてしまう。もうユイは余計なことしないほうがよさそう。奏さんと佳織が上手くいくように、ほんの少し背中を押して上げるくらいでいいです。

幽霊に触れると「量子振動の影響で意識だけが別に時間に飛ばされる」みたいなこと言ってましたね。これヒントかな?佳織が幽霊に触れたら、未来の佳織に意識を飛ばせるなんてうまい事起こるのでしょうか。
あと、佳織にだけは事故が起こること話しても良さそう。ユイを生み出すのは他のメンバーだし。でも佳織に話しても結局何か起こるんでしょうね。一体どうやって救えばいいんだ…。

ユイ視点だと色々変わりますね。ユイも含めてハッピーエンドになるといいんだけど。古川ニストのアイドルが活躍する場面はあるのか。『失われた未来を求めて』次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク