失われた未来を求めて 第1話 感想

スポンサーリンク

失われた未来を求めて 第1話「失われた未来」感想

失われた未来を求めて」は天文学会に所属する主人公たちが青春するお話?SF?なんだかよくわからない終わり方しました。ループものなのかな?絵は綺だけど少し違和感がある。でもすぐ慣れそう。空の青さは好きです。

「プラネタリウム作ってみるってどう?」

天文学会は文化祭でプラネタリウムを制作することに。奏がイキイキしてます。ダルそうにしてる主人公じゃなくてよかった!
天文学会は5人。美男美女揃い。天文学会なのに奏以外星に興味がないようです。あと何故か武闘派。

「まったく手間をかけさせる奏さんね」

奏の幼馴染の佐々木佳織は結構嫉妬深いらしい。若干面倒です。
そんな佳織を天文学会のみんなは応援。いい人たちです。でも愛理は奏に対してスキンシップが激しい。これは佳織が嫉妬してもおかしくない。愛理もなかなか複雑な立場です。

「私奏君が好き」

まさか1話で告白するとは。奏は顔真っ赤になって可愛い奴です。この反応見れただけで佳織は安心でしょうね。
そして直後に事故が起こるとは…。一気に落としてきました。足を怪我してる女の子を一人で帰らせちゃダメでしょう。気が利かない主人公です。

どうなるんだろうと思ってたら、エンディングで時間が戻って新たな女の子が登場。意味が分からない…。冒頭のシーンって奏が佳織を生き返らせようとしてるところかな?1話だけじゃよくわからない作品です。でも雰囲気は気に入りました。次回も楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク