失われた未来を求めて 第4話 感想

スポンサーリンク

失われた未来を求めて 第4話「万物は流転する」感想

凪沙の思い付きでみんな揃ってピクニックに出かける失われた未来を求めて第4話。奏さんが映画研究会から貰ったカメラに夢中です。

なんか佳織すごく可愛い!「今だってそうだよ」にやられました。可愛すぎる。二人が幸せそうでなによりです。愛理は佳織のこと応援してるけど、この二人の間に入ろうとするのは無理なんでしょうね。切ない。

ゆいは佳織の悲劇が起きないように頑張ってるみたいだけど、実際役に立ってるかはよくわかりません。佳織は今回、足ではなく手首のケガ、そして愛理ではなくゆいに嫉妬し始めたようです。嫉妬深い佳織。もっと自信もっていいのに。ケガしてる手で靴を普通に持ってたとかはスルーしていいんでしょう。
凪沙はケガしてる佳織一人を残してゆいについて行っちゃダメでしょう。誰もいない間に佳織が川に流されるんじゃないかとヒヤヒヤしました。奏さんが早く戻ってきてくれて良かった!凪沙のことだから奏さんが帰ってくるのを予想して気を利かせたのかも。何を考えてるのかよくわからない人です。

この後は灯台のところに星を見に行ったりもするのかな。第1話と色々変わってるからバス事故以外の悲劇が起こるのかも。最後はハッピーエンドになるといいんだけど。あとケニーの変な発音が結構気に入ってます。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク