聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク第10話感想

スポンサーリンク

聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク第10話「決戦・エカテリンブルク」感想

なんだこのあっけなさは。雷帝めちゃくちゃ強そうだったから期待してたのに!終わってみればモロハの圧倒的な強さを再確認させられただけでした。強いにもほどがある。
雷獣たちは微妙でしたね。一撃で倒せるし。あのサツキでさえバッサバッサ倒しまくってましたからね。サツキが急成長したのか敵が弱いのかわかりません。
一番気になったのがユーリの重力魔法。モロハの動きを封じるって物凄い事なんじゃないかな。レーシャとセットで日本に送り込まれてたらヤバかったですね。

雷帝は可哀そうだった。あんなにあっさりと部下に裏切られたり逃げられるなんて…。雷帝嫌われすぎでしょう。まぁ仕方ないけど。そもそも雷帝はなんでレーシャを送り込んできたんだろう。別に敵対とかしてないっぽいのに。ランクSが増えたらマズいのかな。モロハを敵にしたのが運のつきですね。

聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイクもいよいよ終盤。第1話のドラゴンは本当に最終決戦だったのか。前世からの因縁の敵みたいですね。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 聖剣使いの禁呪詠唱 テレ東(3/15)#10

    第10話 決戦・エカテリンブルク 公式サイトから雷帝ヴァシリーサを追いロシアを駆ける諸葉は、ついに彼女の在処を突き止める。行く手を阻む刺客と1人戦い続ける諸葉の元に、仲間た…

  2. 奪われたくないのなら。 聖剣使いの禁呪詠唱 第10話「決戦・エカテリンブルク」

    聖剣使いの禁呪詠唱 イメージソングミニアルバム 前回、雷帝の闇術をまともに食らった諸葉。なんとなかなかの重症だったようで、AJによってセーフハウス的な所に担ぎ込まれ通力によ…

  3. 聖剣使いの禁呪詠唱 #10

    『決戦・エカテリンブルク』