聖剣使いの禁呪詠唱 第3話 感想 メイアイヘルプユー

スポンサーリンク

聖剣使いの禁呪詠唱 第3話「冥府の魔女」感想

サツキいい子ですね。困ってる人は見捨てない。英語下手くそなのに店員さんを助けてあげるとは。もしかしたら下手なのは発音だけで、ちゃんと話せるのかも。モロハが活躍すれば本人より調子に乗るし、このマイペースな妹ちゃん結構気に入ってます。

モロハは土下座してるカミー先輩相手にも容赦なかった。というかモロハに勝負を挑んだカミー先輩の度胸が凄いです。あのメタフィジカルを一人で倒した相手なのに。モロハの凄さを皆に知らしめる為にあえて勝負を挑んだのでしょうか。まぁただ調子に乗っただけなんだろうけど。

聖剣使いの禁呪詠唱』はエンディングテーマを流しながら話が進むのがいいですね。こういうの好きです。毎回一番の見せ場をここに持ってくるのかな。
モロハはまだまだ思い出してない事あるんですかね。2話の時点ですでにランクSくらいの強さなのに。さらに強くなるのかぁ。サツキもこれからますます調子に乗るのでしょうか。次回の聖剣使いの禁呪詠唱も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク