聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク第6話感想 敵が気持ち悪い

スポンサーリンク

聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク「我ら、救世の剣なり-We are the”Saviors”-」第6話感想

サツキがなんだか不憫です。みんなを守るために一人で奮闘してるのに『サツキが急に暴れ出した』なんて酷い言われよう。確かに暴れてるけども…。モモ先輩サツキの事あんまり好きじゃないんですかね。可哀そうに。それにしてもサツキは声が大きい。一人だけボリュームが大きい気がします。あれじゃあメタフィジカルも引き寄せても仕方ないですね。

モモ先輩は伝達役。通信機とかないんですかね。モモ先輩のタフさには驚きました。みんなを戦闘不能状態にした”声”を喰らった後でもピンピンしてます。砂浜部隊より至近距離だったはずなのに。本当はスピードだけの人じゃないのかも。

モロハはやっぱり強かった。この人は訓練なんかよりも思い出す努力した方が遥かに強くなりそうです。サツキや静乃と思い出話でもしてればいいのに。

次回の聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイクはロシアから誰かやってくるらしい。白髪の美少女。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク