聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク第8話感想

スポンサーリンク

聖剣使いの禁呪詠唱ワールドブレイク第8話「魔剣と聖剣」感想

まさかモロハだけでなくサラティガまで思い出すとは…。逆にレーシャは思い出せないし。ここまでのワールドブレイクで一番シリアスっぽいシーンなのに笑ってしまいました。ズルイです。

レーシャは正面から勝負を挑んだけど勝てると思ったんですかね。実質ランクSのモロハ相手に。結局剣術だけでモロハが勝っちゃったし。なんであんな細い足場で避けられるんだ…。アパートの前では自然とモロハの胸に飛び込めたのに。武器が特殊なだけで、強いのかよくわからないレーシャでした。案外スピードだけのモモ先輩でも勝てるかも。

モロハたちが戦ってる裏ではサツキがなにやら覚醒。アメリカ先輩の前世では見つからなかったとかいうレア武器を破壊です。1話ではへなちょこだったサツキが急激に強くなってる気がします。モロハはそれを望んでないみたいだけど大丈夫なんですかね。サツキの料理は相変わらず美味しそうだった。そしてスピードだけのモモ先輩は料理はダメでした…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク