暁のヨナ 第14話 感想

スポンサーリンク

暁のヨナ 第14話「光」感想

ついにヨナが青竜ことシンアの勧誘に成功しました。なんというカリスマ性。シンアも2度目は断れなかったか。本当は1度目でついていきたかったんだろうけど。シンアと村人はちゃんと和解できないままでしたね。しばらくしたら青竜が村を守っていてくれたことに気づいてくれるのでしょうか。シンアは無口だけど行動で示してくれる良い奴です。

ハクとヨナの名前のシーンはグッときました。やっぱりハクだけは特別な存在なのか。でも名前で呼ばせてもらえないのはどうなんだろう。きっと勇気をだして”ヨナ”と呼んだのにバッサリですよ。これではずっと身分の違いを感じたままではないか。まぁ”アンタ”とか呼んでるんですけどね。失礼なことも言うし。ハクが”ヨナ”と呼べる日はやってくるのか。
それにしてもハクの穴掘り技術は凄かった。必死に掘り続けたんだろうなぁ。大ケガしてるのにヨナの為ならやっぱり無理する男ハク。カッコイイです。

キジャはすっかりギャグ担当になってしまいました。ちょこちょこ笑わせてくれます。なかなかいい味を出してるキャラです。ユンはますます美少年に。可愛いです。

暁のヨナ』次回は緑竜探しと思いきやスウォンの話っぽい。スウォン久しぶりだなぁ。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク