暁のヨナ 第3話 感想

暁のヨナ 第3話「遠い空」感想

幼いころの回想が行われた暁のヨナ第3話。3人が一緒にいたころの楽しい思い出です。
幼いころは無邪気で可愛かったスウォンがあんなにやさぐれてしまうとは…。父親が殺されてしまったんだから無理もないけど。スウォンってハクに憧れてたみたいですね。ヨナとハクは仲いいですからね。ハクはヨナの気持ちを知ってるから辛い立場。幼い頃ならまだいいけど、成長したら嫉妬に変わるのかな。困ったものです。ヨナがハクの気持ちに気づいてくれるといいんだけど。

イル王はすごくいい人。臆病な王とか言われてたのが気の毒です。ハクも若干馬鹿にしてたみたいだけど。そばにいる人にしかイル王の良さは分からないらしい。この王がスウォンの父親を消したとはやっぱり思えません。事実だったらショックです。

暁のヨナはスローペースですね。次回は風の部族のところに辿り着くらしい。ようやく話が広がっていきそう。ヨナに言い寄ってた日の部族の男はいつか登場するのでしょうか。次回が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク