ユリ熊嵐第11話感想

スポンサーリンク

ユリ熊嵐第11話「私たちの望むことは」感想

るるが銀子を庇って犠牲に…。大木蝶子め!絵本破った時点で好感度ガタ落ちです。それまではチョウ気に入ってたのに。いい感じに悪いキャラに変わってしまいました。恐ろしい。
というか銀子、何ノコノコ屋上に来てるんだ。紅羽が人質みたいになってるんだから警戒しましょうよ。罠があるってバレバレのすけじゃないですか。うっかりさんめ!

紅羽が銀子に関する記憶を失ったのってあんな昔だったんですね。人間の体と引き換えってことだからもっと後だと勘違いしてました。人間形態を会得するには時間がかかるようです。紅羽と約束のキスを果たしたら本物の人間になれるってことなのかな?

今回は遂に永遠の二位・田中花恋さんが登場しました!。田中花恋さん素朴な感じで可愛いです。そして真面目そう。

ユリ熊嵐は次回で最終回でしょうか。どうなるんでしょうね。銀子によって結構な数の人間が犠牲になってそうだからなぁ。ハッピーエンドにはならない気が…。紅羽との関係は大丈夫だと思うけど、その後はわかりません。クマリア様のパワーで全員元通りなんて事にはならないかな。どんな結末になるのか、次回のユリ熊嵐も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク