ユリ熊嵐第12話(最終話)感想

スポンサーリンク

ユリ熊嵐第12話(最終話)「ユリ熊嵐」感想

ツインテールの亜依撃子さん可愛かった!亜依撃子って凄い名前です。メカこのみと幸せになってほしいものです。

クマリア様って何者なんだろう。クマリア流星群と一緒にやってきた女神様のような存在なのかな?そもそも人間と熊が争うようになったのって、クマリア流星群の影響で熊が凶暴化して人間を襲うようになったからですよね。これクマリア様が元凶なのでは…。まぁ人間同士の”透明な嵐”は別問題だけど。いや、透明になるのは熊に目をつけられない為っぽいから関係あるのかな。よくわからないなぁ。

物語は一応ハッピーエンドなんですかね。銀子と紅羽が幸せそうでなによりです。あの場にいた人たちには多少なりとも影響を与えられたののかな。世界は少しづつ変わっていくんでしょうね。相手が変わることを望むより、自分が変わらなければならない。自分から行動しなければならないというのは伝わりました。

ユリ熊嵐、正直自分はあまりハマれませんでしたがまぁまぁ楽しめました。3か月間ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ユリ熊嵐 第12話「ユリ熊嵐」

    第12話「ユリ熊嵐」

    透明な嵐に抗うのがユリ熊嵐なんだな。
    今更そう思ったw

  2. ユリ熊嵐 TokyoMX(3/30)#12終

    最終回 第12話 ユリ熊嵐 るるが亡くなって失意の銀子。大木蝶子が銀子を捕獲。屋上で排除の儀を行う。友達は大切、空気を読めないのは悪です。でも断絶の壁を超えるものが居る。透…

  3. 【ユリ熊嵐】第12話『ユリ熊嵐』 キャプ付感想

    ユリ熊嵐 第12話『ユリ熊嵐』 感想(画像付) 

    銀子と紅羽のスキは成就…、百合承認エンドへ♪
    絵本のような綺麗なラストになりました。
    るると弟王子の再会シーンも良かった…