ユリ熊嵐 第2話 感想 透明な子は美味しくない

スポンサーリンク

ユリ熊嵐 第2話「このみが尽きても許さない」感想

ユリ熊嵐 第1巻 [Blu-ray]
ユリ熊嵐 第1巻 [Blu-ray]

まさか委員長までクマだったとは…。まんま騙された!というか純花さん食べたの委員長か!紅羽のことは自分に惚れさせてから食べるつもりでしょうか。知り合いのクマも平気で撃つし。親切なフリして怖い女だ。
てっきり純花さんを食べたのは銀子とるるかと思ってました。疑ってごめん。もしかしてこの二人は良い奴なのか。

『透明になりますか?それとも人間食べますか?』の意味はまだわかりません。透明ってなんだろう。スキをあきらめた子が透明?百合は排除対象なんですかね。『人間食べますか?』は『スキをあきらめませんか?』ってことかな?

それにしても紅羽の周りはクマだらけではないか。物騒な学校です。純花以外にも被害者出てるし。断絶の壁とやらは機能してませんね。名前に”ユリ”がつくキャラがクマっぽいです。
『ユリ熊嵐』は紅羽をめぐってクマたちが戦う話なのかな。まだよくわかってませんが、次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク