ユリ熊嵐 第4話 感想 でざいあー

スポンサーリンク

ユリ熊嵐 第4話「私はキスがもらえない」感想

ユリ熊嵐第4話はるるの過去の話。姫だったんですねるるは。結構酷い子でした。弟に人気を奪われて辛いのはわかるけど、さすがにやりすぎ。ハチにやられる前に弟の大切さに気付けなかったのは残念です。弟が産まれれた時期がるるには一番かまってほしい時期だったのかもしれませんね。もう少し産まれるのが早いか遅いかしてたら違ったかも。ちょっと気の毒です。

『スキを諦めない。キスを諦めます』っていうのは弟のことをずっと好きでい続けるけど、弟がいないからキスはできない。一生誰にもキスはあげないし、スキにもならないってことかな?銀子にはすべてを捧げてしまいそうですが。まぁ自分は罪グマだと自覚して心を入れ替えてくれたようでよかったです。

銀子も王冠かぶってたけど違う国の姫様なのかな。そのうち銀子の過去話もやってくれるんでしょうね。銀子のスキは紅羽か母親か、これからが楽しみです。回想ばっかりにならないといいなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク