ユリ熊嵐第5話感想 銀子がこんなお茶目な子だったとは

スポンサーリンク

ユリ熊嵐第5話「あなたをヒトリジメにしたい」感想

やるな、針島さん。やたらと親切なキャラだったから怪しいとは思いましたが、まさか最後にあんな仕掛けを用意してたとは。策士め。針島さんは顔と声があってない気がするけど怖い女です。トラップ最強。

今回の”ユリ裁判”今までと雰囲気が違いました。紅羽の母親の澪愛さんを襲ったのって銀子なんですかね。紅羽をヒトリジメするために。てっきりユリーカ先生が犯人だと思ってました。なんか怪しいんですよね先生。
ユリーカ先生が澪愛さんを殺すのを止められなかったことで”罪熊”だって言ってるのかな?だから同じ悲劇を起こさないために紅羽の敵を排除してるのかも。

それにしても銀子の妄想は酷かった。いつもあんなこと考えてたのか…。銀子に比べればるるなんて可愛いものです。クマショック。
ユリ熊嵐』ちょっと微妙な感じだったけど今回は面白かった。『あなたの おそばに 引越しそばぁ』これ可愛かった。銀子は危機を乗り越えることができるのか。次回も楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク