ユリ熊嵐第8話感想

スポンサーリンク

ユリ熊嵐第8話「箱の花嫁」感想

るるがなにやら余計なことを言ったようです。せっかくいい雰囲気だったのに。るるは銀子の味方だったんじゃないんですかね。もっとタイミングを考えましょうよ。あの場で言ったら撃たれそうじゃないですか。紅羽めちゃくちゃ怒ってますよ。”約束のキス”が”紅羽の銃弾”ってことで願いを叶えようとしたのかな?
というかるるは手紙の内容簡単に信じちゃってますね。一体何が書いてあったんだろう。銀子が純花さんを見殺しにした以外のことがまだあるのでしょうか。

学生時代のユリーカ先生は可愛かった!たぶんユリ熊嵐で一番可愛い。あのユリーカ先生の人間形態ってイメージ映像なのかな?クマリア流星群が落ちる前から変身は可能でしたっけ。まぁどっちでもいいです。可愛かった。
それにしても銀子とるるがクマだという証拠写真はバッチリ撮れてましたね。あんな絶好の機会を逃さないとはさすがです。シャケ用意して待機してたんですかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク