ユリ熊嵐第9話感想

スポンサーリンク

ユリ熊嵐第9話「あの娘たちの未来」感想

紅羽、本当に撃っちゃったのか。なんだかんだで撃たないのかと思ってました。というかちゃん銀子の話聞きましょうよ。るるは『見殺しにした』って言ってるんだし。しかも百合園さんが犯人だって知ってるのに。冷静でいられなかったのかな。銀子がちょっと気の毒です。おかげでダークになっちゃいました。関係ないけど、紅羽がるるのことを”るるちゃん”って呼んでるのが何気に嬉しいです。

純花さんと銀子って紅羽のことがなければ仲良くなれそうでしたね。純花さんがピンポイントで銀子にダメージを与えたことが悔やまれます。悪意のない攻撃は怖いです。

そして今回輝きを放ってたのが大木蝶子さん。チョウ頼りになります。紅羽のクラスもようやくいいリーダーに恵まれましたね。なんか大木さん好きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク